5月から6月の予定です。

Posted on 11 5月 2015

新緑が心地いい季節になってきました。

ほんのつかの間の快適な毎日が嬉しい今日この頃です。

宇治のナナクモでは、5月15日(金)から6月7日(日)までのあいだ、

3人の作家による里山百貨店を開催します。

IMG_0295

この展示は西宮のウラン堂さんで3年も続いているものです。

今年は宇治にも巡回しようということになりました。

照明デザイナーでカトラリー作家の永尾博司さん、

陶芸家の脇山さとみさん、木工作家の佐古馨さんの3めいです。

スペースいっぱいに作品が展示され、みるだけでも楽しいものとなっています。

大きいものから小品まで百貨店らしく揃っています。

是非5月の週末は新緑あふれる宇治においで下さい。

IMG_0301IMG_0300

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0303

 

 

 

 

 

 

 

 

6月は里山百貨店が7日までありますが、

5日(金)は宇治の県祭りというお祭りです。

商店街はもちろん、県通り、本町通りがすべて歩行者専用となり、

両側には露天がびっしりと軒を並べるにぎやかなものです。

この日はナナクモでも、お昼から孫右衛門さんが出張して涼茶やグリーンティーを出してくれます。

夕方からは焼き鳥やギョウザ、手打ちうどんにお茶カクテルなどを用意しています。

里山百貨店の作家さんたち3人もクロージングパーティーをかねて在廊の予定です。

このお祭りの見所は何と言っても深夜の梵天の登場です。

昔は無礼講で深夜の奇祭と言われたそうです。

ちかくの方も遠くの方も是非宇治の奇祭においで下さい。

 

img126

6月27日(土)に、滋賀県朽木村針畑集落を40年にわたって取材して作られた、

ドキュネンタリー映画「ワキノタン」の上映会をします。

3回シリーズの1回目にあたる今回は、

作者の丸谷彰先生(精華大学名誉教授)をお迎えして、

6時30分からお話をお聞きします。

7時から1時間30分くらい上映の後、

針畑村の特産品(サバのなれ鮨、へしこ、トチ餅)の試食や丸谷氏のお話をお聞きします。

今回上映する作品は2作品です。

「草鞋づくり」からゴンゾワラジ篇、ユキワラジ篇、アシナカ篇。

「べべ」はイヌガヤの実を燈火用に搾り採集してべべ油と呼んでいた当時の、

針畑村の貴重な生活記録です。

席数に限りがあるため定員を20名とさせてもらいます。

興味のある方は是非、お電話かメールにて参加申し込みをお願いします。

 

books&folkartナナクモ

電話・fax0774−21−5768

mail   maruzen@kf6.so-net.ne.jp

森まで。

 

 

 

 


No responses yet. You could be the first!

Leave a Response

You must be logged in to post a comment.

Recent Posts

Tag Cloud

早池峰山 JAPANGRAPH ジャパングラフ 

Meta

JAPANGRAPH ブログ is proudly powered by WordPress and the SubtleFlux theme.

Copyright © JAPANGRAPH ブログ



WP SlimStat